グッチってやっぱり人気だよね

LINEで送る
Pocket

グッチ(Gucci)は今や老若男女において大変人気のあるのブランドの一つですが、その創設者はグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)という人です。創設者の名前だったんですね。

 

1881年にイタリアのフィレンツェで生まれたグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は、1992年に起業をすることになりますが、当時は第一次世界大戦籐中での創業にもかかわらず、皮革製品特乗馬関連の商品が人気がありました。

 

伝統を守りながら過去のいいものを現代に反映させるようなモノづくりを目指して、ワールドワイドのブランドの中では初めてとなる、デザイナーの名前をブランド名にして提供しスタート出来たのが、グッチの始まりだったようです。

 

グッチが心積もりた自分の頭文字を使ったダブルGのモノグラムというのはグッチの商品の中でもとても高評価でかつ著名でありますが、1953年にグッチは無くなりその後は息子であるアルドグッチがニューヨークに出店しました。

 

今やバッグや財布がとても人気のグッチです。日本での進出も目覚ましく、2006年にはグッチは東京の銀座に、グッチ銀座を開店しました。日本ではグッチジャパンがそうですね。

 

このグッチ銀座は、地上が8階で地下が1階という非常に大きな店舗になっていて、グッチのギャラリースペースのほか、グッチのカフェなどもあり、グッチが世界中でビルを建設たのは初めてだという事です。