人気根強い「シャネル」

シャネルのCマークはとても魅力的で、日本でも1980年代のバブルの時代には老若男女みんなブランドと言えばシャネルという感じだったそうです。

ここ数年はシャネルを持つ女というのは特定の女子達の間で「シャネラー」と呼ばれその一大ブームは今でも健在で人気があります。

バブル崩壊後はシャネルだけではなくいろいろなブランドを持つようになりシャネルだけという時代ではなく多様なブランド地代になりましたが、それでもシャネルのブランド価値はとても高評価ですしデパートでも化粧品売り場ではシャネルの香水が一番なのかもしれません。

そもそもシャネルというのは、1910年に、フランスのパリでシャネルモードという帽子を専門に取り扱ったショップを開いた事がきかっけだったそうです。

それから3年ほど経ったころ、とあるリゾート地でシャネルのモードブティックを開いたことをきかっかけにオートクチュールデザイナーとしても多方面で活躍するようになっが事で、シャネルのブランド名がどんどん広まっていったようです。

残念ながら第二次ワールドワイド大戦後にココシャネルは死んでしまうのですが、そのあとはカール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーとして就任する事で現在のシャネルのコーデが生まれました。

シャネルといえば女性の大好きなファッションブランドですよね。ココシャネルが立ち上げたトレンドで人気のあるブランドとしても知られています。その昔は香水と言えば、シャネルの5番は定番だったようです。今でも高級ブランドであることに違はありません。

日本でも人気のエルメスについて

エルメスは1837年にティエリ・エルメスという人がフランスのパリでスタート出来たブランドでした。

エルメスの人気商品といえばケリー、バーキン、エブリン、エールラインなどが高評価のアイテムとなっていますが、時計もブームです。またエルメスではスカーフなどもトレンド小物も人気がありますね。

実際はエルメスといえばカバンなどが著名なブランドになっていますが、元来はエルメスは馬具の取扱いのある工房として非常に著名でした。

エルメスといえば何を思い浮かべますか?結局エルメスといえばケリーバッグやバーキンを思い浮かべるという人が多々あるのではないでしょうか。

1867年にパリ万博が行われた際には、馬具部門でエルメスが銀賞をもらったほど優秀な成績を収めていたそうです。
さらには当時はいろいろなところからもエルメスの馬具は注文があったといわれています。

他にもエルメスでは有名なデザイナーを多く起用しているために、すたれないブランドとしてエルメスは世界中でブームがあるブランドです。

いつの時代もファッションブランドは注目ですね。

ジェラートピケ福袋2018