カルティエについて

カルティエは、世界中の王族や貴族たちから愛されている超有名なブランドとして老若男女に知られています。

それだけでなくカルティエのファッションブランドを愛用している人は男女ともに非常に多く、ハリウッドスターやセレブ達の間でもカルティエの商品はとても人気が高いです。

カルティエは方方から御用達店の指名があったんだそうで、宝石業界ではカルティエは老舗中の老舗と呼ばれています。

カルティエがそれほどまでにブームの訳というのはやはりそのファッションセンスが非常にエレガントでありそしてリッチ感にあふれている事やカルティエの製品は技術がとても素晴らしい事ではないでしょうか。

デザインだけではなく機能的にも優れているカルティエブランドは世界中の人々から愛用されている高級ブランドの一つです。

そのようなカルティエですが、元来はは1947年に、ルイ・フランソワ・カルティエがアトリエを開始出来たのがきっかけでした。

師匠から譲り受けたアトリエで宝飾品を作りスタート出来ましたが、ナポレオンのいとこのマチルド皇女がカルティエを到来た事から王族たちの間でカルティエブランドが有名になり、後にカルティエは王族皇族御用達の店として大きくなるのでした。

現在のカルティエノブレスレッドジュエリーウオッチが好評になったのは1888年の事で、それ以降カルティエは現在も好評のあるブランドです。

いつの時代もコーチ

コーチは手ごろな値段で購買する事が可能なリッチなファッションブランドとして現在非常に評判があります。

コートは元来はは米国のマンハッタンで誕生したブランドでリッチバッグを提供していました。

相当シンプルで素敵意匠が世界中から大注目を集め、日本でもコーチは大人気です。

高級バッグの老舗ブランドなのに、手頃な値段で買い物できる事からコーチのバッグは高評価があります。

コーチは1941年に米国のニューヨークに住む家族が仲間と一緒に世帯経営の革製品の工房を立ち上げたことから始まったファッションブランドです。

以前のブランドの名前は、コーチではなかったそうです。「ゲイル」というブランド名だったそうです。知らなかったですね。。。

一番目は使えば使用するほど味が出てくる野球のグローブがヒントになって、革のバッグが提供されました。

コーチのバッグは化学薬品で覆っていませんから、天然の皮を使用していて、耐久性もよく、パフォーマンス性にも長けていて、手作りで作られている事から評判が出たといわれています。

日本にはじめてコーチが提供されるようになったのは1988年に三越と提携したことでコーチというファッションブランドが日本進出を果たしました。

人気のプラダ

プラダというのはイタリアのトレンドファッションブランドの一つですが、最近日本でも非常に高評価のブランドで世界中に実際プラダのストア展開が進められています。

もともとプラダができたのは1913年の事で、マリオ・ぷらふぁという人がイタリアのミラノに革製品の店舗を作ったのがきっかけです。

世界中から色々な素材を集めてイタリアの職人がたくさんなものを作っていたのですが、それがブルジョアたちの間で相当好評になった事からプラダはイタリア王室の目に留まることになり、イタリア王室御用達ファッションブランドとして急ランクアップしました。

けれども1958年にプラダを作ったマリオ・プラダがなくなって娘が継いだのですが、ちょっとプラダのブランドは低迷してしまいます。

そのあとにその娘が再びプラダのオーナーとデザイナーに就任してからは、今ブームのナイロン製のものでできているバッグを提供したことで高評価が出ます。

プラダといえばナイロンバッグやナイロンの財布が評判ですが、創業者の孫娘に当たるデザイナーの助言で現在のプラダの高評価があるといっても過言ではないわけです。

プラダはしまいブランドも作り、ミュウミュウというブランドにおいては日本でも評判があり、世界からも注意されているファッションブランドの一つです。

グッチってやっぱり人気だよね

グッチ(Gucci)は今や老若男女において大変人気のあるのブランドの一つですが、その創設者はグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)という人です。創設者の名前だったんですね。

 

1881年にイタリアのフィレンツェで生まれたグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は、1992年に起業をすることになりますが、当時は第一次世界大戦籐中での創業にもかかわらず、皮革製品特乗馬関連の商品が人気がありました。

 

伝統を守りながら過去のいいものを現代に反映させるようなモノづくりを目指して、ワールドワイドのブランドの中では初めてとなる、デザイナーの名前をブランド名にして提供しスタート出来たのが、グッチの始まりだったようです。

 

グッチが心積もりた自分の頭文字を使ったダブルGのモノグラムというのはグッチの商品の中でもとても高評価でかつ著名でありますが、1953年にグッチは無くなりその後は息子であるアルドグッチがニューヨークに出店しました。

 

今やバッグや財布がとても人気のグッチです。日本での進出も目覚ましく、2006年にはグッチは東京の銀座に、グッチ銀座を開店しました。日本ではグッチジャパンがそうですね。

 

このグッチ銀座は、地上が8階で地下が1階という非常に大きな店舗になっていて、グッチのギャラリースペースのほか、グッチのカフェなどもあり、グッチが世界中でビルを建設たのは初めてだという事です。

人気根強い「シャネル」

シャネルのCマークはとても魅力的で、日本でも1980年代のバブルの時代には老若男女みんなブランドと言えばシャネルという感じだったそうです。

ここ数年はシャネルを持つ女というのは特定の女子達の間で「シャネラー」と呼ばれその一大ブームは今でも健在で人気があります。

バブル崩壊後はシャネルだけではなくいろいろなブランドを持つようになりシャネルだけという時代ではなく多様なブランド地代になりましたが、それでもシャネルのブランド価値はとても高評価ですしデパートでも化粧品売り場ではシャネルの香水が一番なのかもしれません。

そもそもシャネルというのは、1910年に、フランスのパリでシャネルモードという帽子を専門に取り扱ったショップを開いた事がきかっけだったそうです。

それから3年ほど経ったころ、とあるリゾート地でシャネルのモードブティックを開いたことをきかっかけにオートクチュールデザイナーとしても多方面で活躍するようになっが事で、シャネルのブランド名がどんどん広まっていったようです。

残念ながら第二次ワールドワイド大戦後にココシャネルは死んでしまうのですが、そのあとはカール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーとして就任する事で現在のシャネルのコーデが生まれました。

シャネルといえば女性の大好きなファッションブランドですよね。ココシャネルが立ち上げたトレンドで人気のあるブランドとしても知られています。その昔は香水と言えば、シャネルの5番は定番だったようです。今でも高級ブランドであることに違はありません。

日本でも人気のエルメスについて

エルメスは1837年にティエリ・エルメスという人がフランスのパリでスタート出来たブランドでした。

エルメスの人気商品といえばケリー、バーキン、エブリン、エールラインなどが高評価のアイテムとなっていますが、時計もブームです。またエルメスではスカーフなどもトレンド小物も人気がありますね。

実際はエルメスといえばカバンなどが著名なブランドになっていますが、元来はエルメスは馬具の取扱いのある工房として非常に著名でした。

エルメスといえば何を思い浮かべますか?結局エルメスといえばケリーバッグやバーキンを思い浮かべるという人が多々あるのではないでしょうか。

1867年にパリ万博が行われた際には、馬具部門でエルメスが銀賞をもらったほど優秀な成績を収めていたそうです。
さらには当時はいろいろなところからもエルメスの馬具は注文があったといわれています。

他にもエルメスでは有名なデザイナーを多く起用しているために、すたれないブランドとしてエルメスは世界中でブームがあるブランドです。

いつの時代もファッションブランドは注目ですね。

ジェラートピケ福袋2018

ルイヴィトンっていつの時代も人気だよね

ルイヴィトンといえば世界中のブランドの中でも最高といわれているブランドでもありますが、ルイヴィトンのブランドが創設したのは1854年の事でした。

 

ルイヴィトンといえば、どういったアイテムが好評化といえば帰するところ、モノグラムシリーズはかなり評判ですが、それ以外にもルイヴィトンのダミエシリーズも大注目ですし、エピなどもブームがあります。

 

ルイヴィトンのアイテムをショッピングする事例には、有名百貨店などにショップがありますし路面店も構えていますが、他にも、このところはインターネットでルイヴィトンのアイテムを調達するという人も多々あると考えますが、ルイヴィトンのアイテムは相当偽造品が多々あるといわれていますから、偽造品を買わされる事のないように、信用のおけるお店でルイヴィトンのアイテムを調達する事をお勧めやりたいと考えます。

 

ルイヴィトンは正真と区別のつかないような偽造品も多く出回っています。ルイヴィトンのモノグラムは言わずと知れた人気商品ですが、とどのつまりルイヴィトンを代表している柄だけにブームがあるんでしょうね。

 

諸々なアイテムがあると考えますが、ルイヴィトンのモノグラムシリーズは財布やキー事例などのアクセサリーから大きなものにおいてはトランクやキャリーなどまで評判があるといわれています。